トップリーグ第13節 神戸製鋼戦 結果 2012.02.05

ac56e59b791f29b5c771959441db023a

トップリーグ2011-2012 第13節
【日時】2012年2月5日(日)
【場所】東京・秩父宮ラグビー場
【観客】10944人

サントリーサンゴリアス 32 - 28 神戸製鋼コベルコスティーラーズ

トップリーグ2011-12が開幕から3ヶ月あまりが過ぎ、
いよいよ最終節の第13節。
この最終戦でプレーオフ進出の可能性やその順位が確定していないこともあり、
秩父宮ラグビー場では熱のこもった戦いが期待されます。
勝てば文句なくリーグ戦首位通過となる、
現在第1位のサントリーサンゴリアス(勝点52、1位)と
勝てばトップ4に入りプレーオフトーナメント進出が決まる
神戸製鋼コベルコスティーラーズ(勝点37、5位)の戦い。

試合は開始早々にラインアウトからモールを持ち込みFL6元申騎選手が
先制トライをあげる。その後は両チーム二本づつのPGを決め、10-6。
17分、PR3山下裕史選手がモールでトライを奪い、10-13と逆転する。
33分、神戸製鋼のわずかなミスをサントリーが見逃さず
LO4篠塚公史選手がトライで再び逆転、7-13。
38分、神戸製鋼FL7ジョシュ・ブラッキー選手が中央に回り込んで
トライをして三度目の逆転で17-18で前半終了。
後半はサントリーペース。
4分にはPG、10分には神戸製鋼のラインアウトをサントリーが
奪って左から右へ転回し、SH9フーリー・デュプレア選手がトライをあげて、27-18。
神戸製鋼を突き放し勝負あったかと思われた。

しかし、プレーオフ進出を諦めない神戸製鋼は
14分、敵陣深く攻め込み、ゴール前で再三のコラプシングのペナルティに
レフリーは認定トライを宣告し、Gも成功。27-25と追い上げる。
30分には、サントリーがペナルティを犯して
SO15正面選手がPGを決めて5度目の逆転で27-28。
34分、右のラックから左に転回してサントリーFB有賀剛のパスを
WTB14長友泰憲選手が右隅にトライをあげて6度目の逆転で32-28。
このまま、サントリーが逃げ切って勝ちを収めた。
大熱戦となったがなんとかサントリーが逃げ切り、
これでサントリーは首位通過でプレーオフへ。
準決勝はNECとの対戦が決定した。